古語:

下さるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くださ-・る 【下さる】

分類連語


〔「る」が尊敬の意を表す場合〕お与えになる。▽「与ふ」の尊敬語。


出典平家物語 四・鵼


「主上(しゆしやう)、…師子王といふ御剣(ぎよけん)をくだされけり」


[訳] 主上(=天皇)は、…師子王という剣をお与えになった。


〔「る」が受身の意を表す場合〕いただく。▽「もらふ」の謙譲語。


出典平家物語 七・経正都落


「経正(つねまさ)、御硯(すずり)くだされて」


[訳] 経正は、お硯をいただいて。


〔動詞の連用形、またはそれに接続助詞「て」の付いた形に付いて補助動詞的に用いて〕くださる。▽その動作が目上の人からの恩恵によってなされる意を表す。


出典止動方角 狂言


「この太郎冠者(たらうくわじや)をも取り立ててくださるるでござらう」


[訳] この太郎冠者をも引き立ててくださるでございましょう。


参考

平安時代末期に現れた表現。室町時代以降は一語の四段動詞にもなる。


なりたち

動詞「くだす」の未然形+受身・尊敬の助動詞「る」









下さるのページへのリンク
「下さる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

下さるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




下さるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS