古語:

古の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いにし-へ 【古へ・古】

名詞

遠い昔。▽経験したことのない遠い過去。


出典万葉集 二六六


「淡海(あふみ)の海夕波千鳥汝(な)が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ」


[訳] ⇒あふみのうみ…。


以前。▽経験したことのある近い過去。


出典徒然草 一九


「なほ、梅のにほひにぞ、いにしへのこともたちかへり、恋しく思ひ出(い)でらるる」


[訳] やはり、梅の花の香りによって、以前のことも(当時に)さかのぼって、自然となつかしく思い出される。


昔の人。過去のこと。


出典夜の寝覚 四


「いにしへもかくやは物を思ひけむ」


[訳] 昔の人もこのように物思いをしたのだろうか。


参考

「いにしへ」と「むかし」の違い 「いにしへ」は遠い昔・以前(=近い過去)のように時間の経過を意識しているが、類義語の「むかし」は、漠然とした過去(=ずっと以前・かつて)を表している。









古のページへのリンク
「古」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

古のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




古のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS