古語:

差し込むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さし-こ・む 【差し込む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


込み合う。


出典源氏物語 横笛


「女房もさしこみて臥(ふ)したる、人気(ひとげ)にぎははしきに」


[訳] 女房も込み合って横になっているのは、人の気配が(多く)にぎやかで。◇「さし」は接頭語。


(日・月などの光や水などが)さし入る。入り込んでくる。


出典平家物語 七・火打合戦


「東西の山の根に水さしこうで」


[訳] 東西の山のふもとに水が入り込んできて。◇「さしこう」はウ音便。「射し込む」とも書く。


(胸や腹が)激しく痛む。


[二]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


(狭い場所に)押し込む。押し入れる。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「名書きもなき文(ふみ)一つ、懐(ふところ)にさしこみ」


[訳] 署名もない手紙一通、懐に押し込み。


入れ知恵する。わきから口出しをする。









差し込むのページへのリンク
「差し込む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

差し込むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




差し込むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS