古語:

改まるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あらたま・る 【改まる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


新しくなる。


出典古今集 春上


「百千鳥(ももちどり)さへづる春は物ごとにあらたまれども」


[訳] いろいろな鳥がさえずる春は物みな新しくなるのに。


よい状態に変わる。直ってよくなる。


出典枕草子 職の御曹司の西面の


「あらたまらざるものは心なり」


[訳] よくならないものは人間の本性である。









改まるのページへのリンク
「改まる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

改まるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




改まるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS