古語:

消つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け・つ 【消つ】

他動詞タ行四段活用

活用{た/ち/つ/つ/て/て}


消す。


出典万葉集 三一九


「燃ゆる火を雪もちけち降る雪を火もちけちつつ」


[訳] (富士山は)燃える火を雪で消し、降る雪を火で消しながら。


取り除く。隠す。


出典源氏物語 若菜上


「心苦しき御気色(けしき)の、下にはおのづから漏りつつ見ゆるを、事なくけち給(たま)へるも」


[訳] お気の毒なごようすが、隠しても自然に漏れ出て見えるのを、心配事がないように隠していらっしゃるのにつけても。


圧倒する。無視する。ないものにする。


出典源氏物語 東屋


「いかばかりならむ人か宮をばけち奉らむ」


[訳] 一体どれほどの人が宮を圧倒し申し上げることができるだろうか、いや、そんなことはできないだろう。









消つのページへのリンク
「消つ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

消つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




消つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS