古語:

消すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け・す 【消す】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


見えなくする。消す。


出典奥の細道 山中


「今日よりや書き付けけさん笠の露―芭蕉」


[訳] 今日からは笠に書いた「同行二人」という書き付けを消そう、笠に置いた露で。


取り消す。撤回する。否定する。


けなす。くさす。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「京に来てよい事見た目で、大方の事はとけされて」


[訳] 京に来てすばらしい物を見てしまった目では、たいていのことはとけなされて。


〔「肝(きも)」「心」などを受けて〕心の平静を失う。びっくりする。


出典平家物語 一一・逆櫓


「ただ耳を驚かし、きも魂をけすより外(ほか)の事ぞなき」


[訳] ただ聞いて驚き、心の平静を失うよりほかのことがない。









消すのページへのリンク
「消す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

消すのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




消すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS