古語:

玉鬘の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たま-かづら 【玉鬘】

名詞

装身具の一種。玉を緒で貫いて作った髪飾り。



たま-かづら 【玉鬘】

分類枕詞


髪飾りを頭にかけるところから「懸く」に、また、「懸く」と似た音の語「影(かげ)」にかかる。


出典万葉集 二九九四


「たまかづら懸けぬ時無く恋ふれども」


[訳] 心にかけないときはなく、いつも恋しく思っているけれど。



玉鬘

分類人名


『源氏物語』の作中人物。頭中将(とうのちゆうじよう)と夕顔との娘。幼くして母と死別して九州を流浪するが、成長して京に戻り光源氏(ひかるげんじ)の邸(やしき)の六条院に住む。聡明(そうめい)な美人で求婚者は多かったが、鬚黒(ひげくろ)大将と結婚する。謡曲「玉鬘(葛)」の主人公。









玉鬘のページへのリンク
「玉鬘」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

玉鬘のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




玉鬘のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS