古語:

痛むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いた・む 【痛む・傷む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


(体が)痛む。


(心が)痛む。苦痛を感じる。嘆く。


出典徒然草 一八八


「一事を必ずなさんと思はば、他の事の破るるをもいたむべからず」


[訳] 一つの事を必ずなしとげようと思うならば、ほかの事がだめになることを嘆いてはならない。


破損する。傷つく。


出典平家物語 二・烽火之沙汰


「再び実なる木はその根必ずいたむ」


[訳] 年に二度実のなる木はその根が必ず傷つく。


[二]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


(人の死を)悲しむ。


出典曠野 俳諧


「李下(りか)が妻のみまかりしをいたみて」


[訳] 李下の妻が亡くなったのを悲しんで。◆「悼む」とも書く。


[三]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


苦痛を感じさせる。痛めつける。


出典徒然草 一二八


「生けるものを殺し、いため」


[訳] 生き物を殺したり、痛めつけたり。









痛むのページへのリンク
「痛む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

痛むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




痛むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS