古語:

良しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ・し 【良し・好し・善し】

[一]形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


りっぱだ。上等だ。


出典平家物語 一一・能登殿最期


「判官(はうぐわん)を見知りたまはねば、物具(もののぐ)のよき武者をば判官かと目をかけて、馳(は)せまはる」


[訳] (能登(のと)殿は)判官(=源義経)の顔をご存じないので、鎧(よろい)・兜(かぶと)のりっぱな武士を判官かと目をつけて、走り回る。


美しい。きれいだ。


出典更級日記 物語


「盛りにならば、容貌(かたち)も限りなくよく、髪もいみじく長くなりなむ」


[訳] (私も)年ごろになったならば、顔かたちもこの上なく美しく、きっと髪もすばらしく長くなるだろう。


すぐれている。善良だ。賢い。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「女児も、男児(をのこご)も、法師も、よき子ども持たる人、いみじううらやまし」


[訳] (その子が)女の子でも、男の子でも、(また)坊さん(になっている子)でもすぐれている子どもを持っている人はたいそううらやましい。


高貴だ。身分が高く、教養がある。上品だ。


出典枕草子 にくきもの


「まことによき人のし給(たま)ひしを見しかば、心づきなしと思ふなり」


[訳] 本当に高貴な方が(品のないことを)なさったのを見たので、気にくわないと思うのだ。


上手だ。巧みだ。すぐれている。


出典土佐日記 一・一一


「この歌、よしとにはあらねど、げにと思ひて、人々忘れず」


[訳] この歌は上手だというのではないが、(歌の心情を)なるほどと思って、人々は忘れない。


栄えている。豊かだ。幸せだ。


出典伊勢物語 一六


「貧しく経(へ)ても、なほ昔よかりし時の心ながら」


[訳] 貧しく暮らしていても、依然として昔栄えていたときの心のままで。


感じがよい。快い。楽しい。好ましい。


出典徒然草 一四一


「都の人は、ことうけのみよくて、まことなし」


[訳] 都の人は、口先の返事だけは感じがよくても、誠実味がない。


ちょうどよい。適当だ。都合がよい。ふさわしい。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「三月ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば」


[訳] 三か月ほどたつうちに、ちょうどよい大きさの大人になったので。


親しい。親密だ。


出典枕草子 故殿の御服のころ


「よき仲なれば、聞かせてけり」


[訳] 親しい仲なので、聞かせてしまった。


[二]補助形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


〔動詞の連用形に付いて〕…しやすい。


出典古今集 雑下


「世の憂(う)きよりは住みよかりけり」


[訳] (山里の暮らしはわびしかったが)俗世間よりは暮らしやすかったよ。


参考

「よし」と「よろし」の違い 「よし」は積極的にすぐれていると認められるようすを表し、「よろし」は消極的にまあよいと認められるようすを表す。「よし」の反対語は「あし」で、「よろし」の反対語は「わろし」。



え・し 【善し・良し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


よい。


出典日本書紀 天智


「み吉野(えしの)の吉野の鮎(あゆ)鮎こそは島傍(しまへ)もえき」


[訳] み吉野の、その吉野の川の鮎。その鮎こそ島のほとりに住むのもよいだろう。









良しのページへのリンク
「良し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

良しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




良しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS