古語:

響きの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひびき 【響き】

名詞

響き。音響。


出典平家物語 一・祇園精舎


「祇園精舎(ぎをんしやうじや)の鐘の声、諸行無常のひびきあり」


[訳] 祇園寺の鐘の音色は、この世のすべてのものは常に変化・生滅すると告げているような響きがある。


余韻。


出典源氏物語 浮舟


「鐘の音の絶ゆるひびきに」


[訳] 鐘の音が消えてゆく余韻に。


世間の騒ぎ。世間の評判。うわさ。


出典源氏物語 澪標


「かの明石(あかし)の舟、このひびきにおされて」


[訳] あの明石の上の船が、この(源氏の参詣(さんけい)の)騒ぎに圧倒されて。


蕉風俳諧(しようふうはいかい)での、連句の付け方の一つ。前句の情調の動きや句勢などを受けて付けるもの。









響きのページへのリンク
「響き」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

響きのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




響きのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS