古語:

あかなくにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あかなくにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あかなくに…

分類和歌


「あかなくにまだきも月の隠るるか山の端(は)にげて入れずもあらなむ」


出典古今集 雑上・在原業平(ありはらのなりひら)・伊勢物語八二


[訳] 名残惜しいのに(=まだ十分に見てはいないのに)、早くも月は隠れてしまうのか。西の山の稜線(りようせん)が引っ込んで、月を入れないでほしいものだ。


鑑賞

あるとき、業平は惟喬親王(これたかしんのう)の狩りのお供をし、その夜は一晩中、飲みかつ語り明かしたのだった。十一日の月が沈む時分(=午前三時ごろ)、親王が退席されようとしたときに、名残を惜しんで詠んだ一首。実景の月を親王に見立てた即興性が、おもしろい。「なむ」は、活用語の未然形に付いて相手に対する願望を表す。「…してほしい」と訳す。



あか-なく-に 【飽かなくに】

分類連語


まだ満足していないのに。名残惜しいのに。▽「なくに」が逆接の意を表す。


出典古今集 雑上・伊勢物語八二


「あかなくにまだきも月の隠るるか山の端(は)にげて入れずもあらなむ」


[訳] ⇒あかなくに…。


満足していないので。▽「なくに」が順接または詠嘆の意を表す。


出典万葉集 一二二一


「わが舟の楫(かぢ)はな引きそ倭(やまと)より恋ひ来(こ)し心いまだあかなくに」


[訳] 私の舟の櫓(ろ)を引いてこぎ始めないでおくれ。大和(やまと)から恋いしたってやって来た心が、まだ満足していないので。


参考

多くはの逆接の意で用いられる。


なりたち

動詞「あく」の未然形+打消の助動詞「ず」の古い未然形「な」+接尾語「く」+助詞「に」









あかなくにのページへのリンク
「あかなくに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あかなくにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あかなくにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS