古語:

あはれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あはれ

[一]感動詞

ああ。あれ。


出典源氏物語 夕顔


「あはれ。いと寒しや」


[訳] ああ。ひどく寒いことだ。


[二]名詞

しみじみとした趣。しみじみとわき上がってくる気持ち。


出典新古今集 秋上


「心なき身にもあはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ」


[訳] ⇒こころなき…。


寂しさ。悲しさ。


出典源氏物語 橋姫


「木の葉の散りかふ音、水の響きなど、あはれも過ぎて、もの恐ろしく心細き所のさまなり」


[訳] 木の葉が散り乱れる音や、水の流れの響きなど、寂しさも通り越して、何か恐ろしく心細いあたりのようすである。


愛情。人情。情け。


出典徒然草 一四二


「子ゆゑにこそ、よろづのあはれは思ひ知らるれ」


[訳] 子(を持つこと)によってこそ、すべての(人の)情けは思いあたって理解できるのだ。



あはれ

分類文芸


「をかし」とともに、平安時代における文学の基本的な美的理念。深いしみじみとした感動・情趣をいう。のち、しだいに日本文学の美の根幹として発展し、調和美・優雅美・静寂美・悲哀美などのさまざまな内容を持つようになった。⇒もののあはれ・をかし









あはれのページへのリンク
「あはれ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あはれのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あはれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS