古語:

さればの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

され-ば 【然れば】

[一]接続詞

そうであるから。そうだから。それゆえ。だから。


出典徒然草 一四二


「妻子のためには、恥をも忘れ、盗みもしつべきことなり。されば、盗人をいましめ、ひがことをのみ罪せんよりは」


[訳] 妻子のためには、恥をも忘れ、盗みをもしてしまうにちがいないことである。だから、盗人を(捕らえて)縛り、悪事だけを処罰するようなのよりは。


そもそも。いったい(ぜんたい)。


出典平家物語 一・祇王


「こは、されば、何事さぶらふぞや」


[訳] これは、いったいぜんたい、何事でございますか。


さて。ところで。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「されば、世の中に借銭乞(しやくせんこ)ひに出会ふほど恐ろしきものはまたもなきに」


[訳] さて、世の中で借金取りに出会うほど恐ろしいものはほかにないのだが。


[二]感動詞

だからさ。そう。さよう。まったく。▽相手の質問に応じる語。


出典鑓権三 浄瑠・近松


「『権三殿は御存じないか』『されば、存じたとも申されず、存ぜぬとも申されぬ』」


[訳] 「権三殿はご存じないのか」「さよう、知っておりますとも申し上げられず、(また)知りませんとも申し上げられない」









さればのページへのリンク
「されば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さればのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さればのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS