古語:

ざりけるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ざり-ける

分類連語


…しなかった。


出典古今集 仮名序


「生きとし生けるもの、いづれか歌を詠まざりける」


[訳] この世に生を受けているものすべて、どれが歌を詠まなかったか、いや詠まないものはなかった。


なりたち

打消の助動詞「ず」の連用形「ざり」+過去の助動詞「けり」の連体形



ざり-ける

分類連語


…であるのだなあ。…であったのだなあ。


出典宇津保物語 嵯峨院


「秋萩(あきはぎ)の下葉に宿る白露も色には出(い)づるものにざりける」


[訳] 秋萩の下葉についている白露でさえも、(時には思いが)外に表れるものであったのだなあ。


語法

断定の助動詞「なり」の連用形「に」に付く。


参考

「ざり」に係助詞「ぞ」が含まれているので、係り結びの法則によって「ける」と連体形になる。


なりたち

係助詞「ぞ」+ラ変動詞「あり」の連用形からなる「ぞあり」が変化した「ざり」+過去の助動詞「けり」の連体形









ざりけるのページへのリンク
「ざりける」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ざりけるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ざりけるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS