古語:

らるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

らる

助動詞下二段型

《接続》上一段・上二段・下一段・下二段・カ変・サ変の各動詞型活用の語の未然形に付く。他の動詞型活用の語には「る」が付く。


〔受身〕…られる。


出典枕草子 ありがたきもの


「ありがたきもの。舅(しうと)にほめらるる婿」


[訳] めったにないもの。(それは)舅にほめられる婿。


〔尊敬〕…なさる。お…になる。


出典枕草子 うへにさぶらふ御猫は


「『犬島へつかはせ。ただ今』と仰せらるれば」


[訳] 「(翁丸(おきなまろ)を)犬島へ追放せよ。すぐさま」と(帝(みかど)が)お命じになるので。


〔自発〕自然と…される。…ないではいられない。


出典徒然草 一九


「なほ梅の匂(にほ)ひにぞ、いにしへの事も立ちかへり恋しう思ひ出(い)でらるる」


[訳] やはり梅の香りによって、以前のことも(当時に)さかのぼって、自然となつかしく思い出される。


〔可能〕…することができる。…られる。▽中古には下に打消の語を伴って、「…できない」という意を表す。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「あの国の人を、え戦はぬなり。弓矢して射られじ」


[訳] あの国(月の世界)の人を、(相手に)戦うことはできないのだ。弓矢で射ることもできないだろう。


語法

(1)尊敬の「らる」⇒る(2)可能の「らる」⇒る(3)「らる」は上代には例がなく、中古になってから発達した。(4)自発()・可能()の意の場合には命令形の用法はない。


参考

「らる(る)」の意味を見分ける目安*「…られ給(たま)ふ」「…れ給ふ」の形で用いられる「る」「らる」は、受身か自発であり、尊敬ではない。表は一応の目安で例外もあるが、同じ意味の助動詞「る」にも当てはまる。⇒る









らるのページへのリンク
「らる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

らるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




らるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS