古語:

思ほすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼほ・す 【思ほす】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


お思いになる。▽「思ふ」の尊敬語。


出典源氏物語 桐壺


「いよいよ飽かずあはれなるものにおぼほして」


[訳] いっそうたまらなくいとしいものにお思いになって。◆「おもほす」の変化した語。



おもほ・す 【思ほす】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


お思いになる。▽「思ふ」の尊敬語。


出典源氏物語 桐壺


「この君をば、わたくしものにおもほしかしづき給(たま)ふこと限りなし」


[訳] (帝(みかど)は)この若君(=源氏)を、自分の大事なものとお思いになり大切にお育てなさることこの上もない。◆動詞「思ふ」+上代の尊敬の助動詞「す」からなる「思はす」が変化した語。「おぼす」の前身。









思ほすのページへのリンク
「思ほす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思ほすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




思ほすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS