古語:

是非の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぜ-ひ 【是非】

[一]名詞

是と非。道理に合っていることと、合っていないこと。善悪。


出典平家物語 二・烽火之沙汰


「進退(しんだい)これきはまれり、ぜひいかにもわきまへがたし」


[訳] 進むか退くかここに行きづまってしまった、道理のよしあしをどうしても判断できない。


[二]名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

善悪を判断すること。批評。


出典徒然草 一九三


「おのれが境界(きやうがい)にあらざるものをば、争ふべからず、ぜひすべからず」


[訳] 自分の能力の及ぶ範囲でないことで争ってはならないし、その善悪の判断をしてはいけない。


[三]副詞

なんとしても。是が非でも。必ず。


出典女殺油地獄 浄瑠・近松


「さてはぜひ婿取って、妹に所帯渡すな」


[訳] さてはなんとしても婿を取って、妹に家督を渡すのだな。









是非のページへのリンク
「是非」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

是非のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




是非のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS