古語:

あけぼのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あけぼの 【曙】

名詞

夜明け方。


出典枕草子 春はあけぼの


「春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる」


[訳] 春は夜明け方がよい。だんだんと白くなっていく空の山の稜線(りようせん)に接するあたりが、少し明るくなって、紫がかっている雲が細く横に長く引いているの(はとても趣深い)。


参考

東の空が明けはじめ、ほのかに白い状態の時分。夜明け前のまだ暗い時分の「暁(あかつき)」の終わりころから、日の出前の明るくなる時分の「朝ぼらけ」に先立つ時刻をさす。⇒あした・ゆふべ









あけぼののページへのリンク
「あけぼの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あけぼののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あけぼののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS