古語:

さるはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さる-は 【然るは】

接続詞

そうであるのは。それというのも実は。▽順接を表す。


出典源氏物語 若紫


「ねびゆかむさまゆかしき人かなと目とまり給(たま)ふ。さるは、限りなう心を尽くし聞こゆる人に、いとよう似奉れるが、まもらるるなりけり」


[訳] これから成長してゆくようすが見たい人だなあと、(源氏は若紫に)目がおとまりになる。それというのも実は、(源氏が)この上もなく心からお慕い申し上げている方(=藤壺(ふじつぼ))に、実によく似申し上げているので、自然と見つめないではいられなかった。


そのうえ。


出典徒然草 三〇


「聞き伝ふるばかりの末々は、あはれとやは思ふ。さるは、跡とふわざも絶えぬれば」


[訳] (故人のことを)聞き伝えているだけの子孫は、(その故人のことを)しみじみと思うだろうか、いや思いはしない。そのうえ、死後を弔うことも絶えてしまうと。


そうではあるが。そうはいうものの。▽逆接を表す。


出典土佐日記 二・一六


「望みて預かれるなり。さるは、たよりごとに物も絶えず得させたり」


[訳] (先方から)望んで(私の家を)預かったのである。そうではあるが、(預けた私の方から)機会のあるたびに、贈り物も絶えず与えてきた。


参考

ラ変動詞「さり」の連体形に係助詞「は」が付いて一語化したものとする説もある。









さるはのページへのリンク
「さるは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さるはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さるはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS