古語:

むつかしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

むつか・し 【難し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


いやな感じだ。見苦しい。気味が悪い。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「手にきり付きて、いとむつかしきものぞかし」


[訳] 手に(蝶(ちよう)の鱗粉(りんぷん)が)ついて、とてもいやな感じのものであるよ。


煩わしい。めんどうだ。


出典枕草子 にくきもの


「あなづりやすき人ならば、『のちに』とてもやりつべけれど、さすがに心恥づかしき人、いとにくくむつかし」


[訳] 軽く扱ってよい人であるならば、「後で」と言って帰してしまうこともできるだろうが、やはり気がねをしなければならないような人のときは、(そうもいかず)本当ににくらしく煩わしい。


不快だ。うっとうしい。


出典枕草子 むつかしげなるもの


「心地(ここち)あしうしてひさしうなやみたるも、男の心地はむつかしかるべし」


[訳] (あまり愛していない妻が)気分が悪くて長く病んでいるのも、男の気持ちとしてはうっとうしいだろう。◆近世以降「むづかし」とも。









むつかしのページへのリンク
「むつかし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

むつかしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




むつかしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS