古語:

会ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ・ふ 【会ふ・逢ふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


出会う。巡り合う。


出典伊勢物語 九


「もの心細くすずろなる目を見ることと思ふに、修行者(すぎやうざ)あひたり」


[訳] なんとなく心細く、思いがけないひどい目にあうことよと思っていると、修行者が(我々と)出会った。


結婚する。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「この世の人は、男は女にあふことをす」


[訳] この世の人は、男は女と結婚することをする。


対する。向かう。


出典徒然草 一四二


「かたへにあひて『御子(みこ)はおはすや』と問ひしに」


[訳] そばの人に向かって、『お子さんはおいでか』と質問したところ。


争う。戦う。


出典万葉集 一四


「香具山(かぐやま)と耳梨山(みみなしやま)とあひしとき立ちて見に来(こ)し印南国原(いなみくにはら)」


[訳] 香具山と耳梨山が争ったときに、(阿菩(あぼ)の大神が)立って見に来た印南国原よ。









会ふのページへのリンク
「会ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

会ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




会ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS