古語:

塵の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ちり 【塵】

名詞

ほこり。小さいごみ。


ほんの少し。わずか。


出典枕草子 にくきもの


「露ちりの事もゆかしがり」


[訳] ほんのわずかのことも知りたがり。


わずかな汚れ。小さな欠点。少しの傷。


出典源氏物語 帚木


「かたちきたなげなく若やかなるほどの、おのがじしちりも付かじと身をもてなし」


[訳] 容姿がこぎれいで若々しい年ごろの(女で)、各自(自分には)少しの欠点も付けまいと、身を振る舞い。


俗世の汚れ。汚れた俗世間。


出典徒然草 七五


「世に従へば、心、外(ほか)のちりに奪はれて惑ひやすく」


[訳] 世間の動きに従うと、心は外界の汚れにひきつけられて混乱し。



ジン 【沈・陣・塵】

⇒ぢん









塵のページへのリンク
「塵」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

塵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




塵のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS