古語:

撫子の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なでしこ 【撫子・瞿麦】

名詞

「秋の七草」の一つ。唐撫子(からなでしこ)(=石竹(せきちく))を含めていうこともあるが、一般には河原撫子(かわらなでしこ)(=大和撫子)をさす。[季語] 秋。


出典奥の細道 那須


「かさねとは八重(やへ)なでしこの名なるべし―曾良」


[訳] ⇒かさねとは…。


「撫子襲(がさね)」の略。襲(かさね)の色目の一つ。青・赤の二系統があり、青系統は表が薄紫色で裏が青または紅梅、赤系統は表が紅梅で裏が赤または青。共に夏に用いる。


かわいがっている子。愛児。▽「撫(な)でし子(=なでるようにしてかわいがる子)」の意をにかけて。


出典源氏物語 夕顔


「かのなでしこの生ひ立つありさま、聞かせまほしけれど」


[訳] あの愛児が成長していくようすを、(その子の父である頭中将に)聞かせたいけれども。









撫子のページへのリンク
「撫子」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

撫子のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




撫子のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS