古語:

げなの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

げ-な

助動詞特殊型

《接続》活用語の終止形に付く。ただし、ラ変型などの活用語の連体形に付く例も見え、形容詞では語幹に付いた例もある。


活用{○/げに/げな/げな/げなれ/○}


〔推量〕…であるようだ。…であるらしい。


出典隅田川 謡曲


「これははや隅田川の渡りにてありげに候(さうら)ふ」


[訳] ここは早くも隅田川の渡しであるらしゅうございます。


〔伝聞〕…そうだ。


出典丹波与作 浄瑠・近松


「聞けば、踊りが上手ぢゃげな」


[訳] 聞くと、(与作は)踊りが上手だそうだ。


参考

体言化する接尾語「げ」に断定の助動詞「なり」の付いた「げなり」が変化して一語化したもの。中世以後に用いられた。









げなのページへのリンク
「げな」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

げなのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




げなのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS