古語:

なふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なふ

助動詞特殊型

《接続》動詞の未然形に付く。


活用{なは/○/なふ/なへ(のへ)/なへ/○}


〔打消〕…ない。…ぬ。


出典万葉集 三四二六


「会津嶺(あひづね)の国をさ遠み逢(あ)はなはば」


[訳] 会津の山のある国が遠いので会わないならば。◆上代の東国方言。



-な・ふ

接尾語ハ四・ハ下二

名詞、副詞、形容詞の語幹などに付いて、その動作・行為を行う意の動詞をつくる。「商(あき)なふ」「占(うら)なふ」「いざなふ」「諾(うべ)なふ」「甘なふ」


参考

多く四段に活用し、まれに下二段にも活用する。



な・ふ 【萎ふ】

自動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


「なゆ」に同じ。









なふのページへのリンク
「なふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS