古語:

されどの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

され-ど 【然れど】

接続詞

そうではあるが。けれども。だが。しかし。


出典枕草子 ふと心おとりとかするものは


「いづれをよしあしと知るにかは。されど、人をば知らじ、ただ心地にさおぼゆるなり」


[訳] (何を基準にして言葉遣いが)どれがよい、どれが悪いと判断するのであろうか、いや、わかりはしない。けれども、他人のことはどうか知らないが、ただ(自分の)気持ち一つでそう思われるのである。


参考

ラ変動詞「さり」の已然形に逆接の接続助詞「ど」が付いて一語化したもの。同義語に「されども」がある。「されど」は和文で愛用されているのに対して、「されども」は漢文訓読調の濃い文中に用いられることが多い。









されどのページへのリンク
「されど」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

されどのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




されどのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS