古語:

そぞろなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > そぞろなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そぞろ・なり 【漫ろなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


何ということがない。何とはなしである。


出典今昔物語集 二八・四二


「障子のそぞろに倒れかかるなりけり」


[訳] 障子が何ということもなく倒れかかるのであった。


無関係だ。筋違いだ。▽いわれや根拠がないさま。


出典蜻蛉日記 中


「この君の、かくそぞろなる精進(しやうじ)をしておはするよ」


[訳] この(道綱の)君が、このように無関係な精進(しようじん)をしていらっしゃるよ。


むやみだ。わけもない。


出典徒然草 七三


「その道知らぬは、そぞろに神のごとくに言へども」


[訳] その専門の分野を知らない人は、むやみに神様のように尊んで言うけれども。◆「すずろなり」とも。









そぞろなりのページへのリンク
「そぞろなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そぞろなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




そぞろなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS