古語:

つたなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つたな・し 【拙し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


愚かだ。劣っている。


出典今昔物語集 二八・四二


「和御許(わおもと)のつたなくて、この盗人をば逃がしつるぞ」


[訳] おまえが愚かだから、この盗人を逃がしてしまったのだぞ。


未熟だ。へただ。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「これは知りたることぞかし。などかうつたなうはあるぞ」


[訳] これ(=『古今和歌集』の歌)は覚えているはずのことなのだよ。どうしてこう未熟で(=覚えが悪く)あるのか。◇「つたなう」はウ音便。


運が悪い。


出典更級日記 子忍びの森


「我も人も宿世(すくせ)のつたなかりければ、ありありてかくはるかなる国になりにたり」


[訳] 私も(娘の)おまえも前世の因縁で運が悪かったので、とどのつまりこのような遠く離れている国の国司になってしまったのだ。


見苦しい。みすぼらしい。


出典徒然草 一四〇


「よからぬ物たくはへ置きたるもつたなく」


[訳] つまらない物をたくわえているのも見苦しく。









つたなしのページへのリンク
「つたなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つたなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つたなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS