古語:

まねぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まね・ぶ 【学ぶ】

他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


まねる。まねて言う。


出典枕草子 鳥は


「人の言ふらむことをまねぶらむよ」


[訳] (おうむは)人が言うようなことをまねるとかいうことだよ。


そのまま伝える。


出典源氏物語 葵


「かの御車(みくるま)の所争ひ、まねび聞こゆる人ありければ」


[訳] 例のお車の場所取り争いをそのまま伝え申し上げる人がいたので。


勉強する。教えてもらって身につける。


出典源氏物語 少女


「文才(もんざい)をまねぶにも、琴・笛の調べにも、功(く)足らず」


[訳] 漢学を勉強するにも、琴・笛の音色にも、長年の努力が十分でなく。◆「ぶ」は接尾語。









まねぶのページへのリンク
「まねぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まねぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




まねぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS