古語:

ものいふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-い・ふ 【物言ふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


口に出して言う。口をきく。


出典万葉集 三四八一


「家の妹(いも)にものいはず来(き)にて思ひ苦(ぐる)しも」


[訳] 家の妻に口をきかずに来てしまって心苦しいことだ。


気のきいたことを言う。


出典土佐日記 一・二一


「この言葉、何とにはなけれども、ものいふやうにぞ聞こえたる」


[訳] この言葉は、どうということはないけれども、気のきいたことを言うように聞こえた。


男女が情を通わせる。


出典伊勢物語 四五


「いかでこの男にものいはむと思ひけり」


[訳] どうにかしてこの男と情を通じようと思っていた。









ものいふのページへのリンク
「ものいふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ものいふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ものいふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2021 Printed in Japan

©2021 Weblio RSS