古語:

よすがの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よす-が 【縁・因・便】

名詞

頼り。ゆかり。身や心を寄せる所。


出典枕草子 木の花は


「ほととぎすのよすがとさへおもへばにや」


[訳] (橘(たちばな)は)ほととぎすが身を寄せる所とまで思うからであろうか。


(頼りとする)縁者。夫・妻・子など。


出典方丈記 


「もとより妻子なければ、捨てがたきよすがもなし」


[訳] はじめから妻子がないので、(出家にあたって)捨てにくい縁者もない。


手がかり。手段。便宜。


出典徒然草 五八


「嵐(あらし)をふせぐよすがなくてはあられぬわざなれば」


[訳] 嵐を防ぐ手段がなくては生きていけないことなので。◆上代は「よすか」。








よすがのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よすがのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よすがのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS