古語:

一杯の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いっ-ぱい 【一杯・一盃】

[一]名詞

酒・飯などを杯や椀(わん)に入れたもの一つ。また、容器一つ分の量。


軽く酒を飲むこと。


だまされること。◇一杯食わされたの意。


ぎりぎりの限度。範囲。◇接尾語的に用いる。


[二]副詞

ありったけ。じゅうぶん。


出典日葡辞書 


「ゆみをいっぱいひいてはなつ」


[訳] 弓をじゅうぶん引きしぼって(矢を)放つ。



ひと-はた 【一坏・一杯】

副詞

いっぱいに。▽容器からあふれているようす。


出典宇治拾遺 三・五


「湯舟に藁(わら)を細々(こまごま)と切りて、ひとはた入れて」


[訳] 湯舟に藁をこまかく切って、いっぱいに入れて。









一杯のページへのリンク
「一杯」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一杯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




一杯のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS