古語:

心恥づかしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 心恥づかしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-はづか・し 【心恥づかし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(相手が立派で、自分が)気おくれする。気恥ずかしい。


出典源氏物語 蛍


「こころはづかしければ、いといたくも乱れ給(たま)はず」


[訳] (相手が立派で自分が)気恥ずかしく思うので、あまりひどくお取り乱しにならない。


(気おくれするほど、相手が)立派である。すぐれている。


出典源氏物語 若紫


「こころはづかしき人住むなる所にこそあなれ」


[訳] (こちらが気おくれするほど)立派な人が住んでいる所であるようだ。









心恥づかしのページへのリンク
「心恥づかし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心恥づかしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心恥づかしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS