古語:

恥づの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

は・づ 【恥づ・羞づ】

自動詞ダ行上二段活用

活用{ぢ/ぢ/づ/づる/づれ/ぢよ}


恥じる。恥ずかしく思う。みっともないと思う。


出典徒然草 一五〇


「そしり笑はるるにもはぢず」


[訳] けなされ笑われることも恥ずかしく思わないで。


気がねする。遠慮する。気にかける。


出典土佐日記 一二・二三


「心あるものははぢずになん来ける」


[訳] 真心のある人は(まわりに)気がねしないで(見送りに)やってきたのである。


〔下に打消の語を伴って〕劣る。ひけをとる。


出典奥の細道 松島


「松島は扶桑(ふさう)第一の好風にして、およそ洞庭(どうてい)・西湖(せいこ)をはぢず」


[訳] 松島は日本第一のよい景色であって、少しも(中国の名勝地)洞庭湖や西湖に劣らない。









恥づのページへのリンク
「恥づ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

恥づのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




恥づのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS