古語:

さらばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さら-ば 【然らば】

[一]接続詞

それならば。そうしたら。▽順接の仮定条件を表す。


出典紫式部日記 寛弘五・一一・一


「和歌一つづつ仕(つか)うまつれ。さらば許さむ」


[訳] (お祝いの)和歌を一首ずつお詠み申せ。そうしたら許そう。


〔下に打消の語を伴って〕それなら…すべきなのに(そうせずに)。それなのに。しかるに。▽逆接の確定条件を表す。


出典平家物語 八・鼓判官


「『急ぎ追討せさせ給(たま)へ』と申しければ、法皇、さらばしかるべき武士には仰せで」


[訳] 「急いで追討させなさいませ」と申し上げたところ、法皇は、それならふさわしい武士に仰せをすべきなのに武士にはお言い付けなさらずに。


[二]感動詞

それでは。では。さようなら。▽別れのあいさつの語。


出典源氏物語 夢浮橋


「『さらば』とて帰り給(たま)ふ」


[訳] 「それでは」とお帰りになる。


参考

ラ変動詞「さり」の未然形に接続助詞「ば」が付いて一語化したもの。









さらばのページへのリンク
「さらば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さらばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さらばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS