古語:

食はすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くは・す 【食はす】

他動詞サ行下二段活用

活用{せ/せ/す/する/すれ/せよ}


食べさせる。


出典源氏物語 手習


「水飯などやうのものくはせ」


[訳] 水に浸した飯などのようなものを食べさせ。


くわえさせる。


出典拾遺集 雑賀・詞書


「御巻数(ごくわんず)鶴(つる)にくはせて」


[訳] ご巻数(=読んだ経文の巻数などを記した文書)を鶴にくわえさせて。


(弓に矢を)つがえる。


出典平家物語 一一・遠矢


「十五束(そく)ありけるをうちくはせ」


[訳] (矢の長さが)十五束あったのを(弓に)つがえ。


〔「目をくはす」の形で〕目くばせをする。


出典源氏物語 若菜上


「目くはすれど、聞きも入れず」


[訳] 目くばせしたけれども、聞き入れもしないで。


(言葉や動作を)受けさせる。くらわせる。


出典馬口労 狂言


「腰なる鞭(ぶち)を抜いて、したたかにくはする」


[訳] 腰のむちを抜いて、力いっぱいくらわせる。


だます。あざむく。


出典今参 狂言


「南無三宝。くはせおった」


[訳] しまった。だましおった。









食はすのページへのリンク
「食はす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

食はすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




食はすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS