古語:

あいなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あい-な・し

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


気に入らない。不快である。


出典源氏物語 桐壺


「上達部(かんだちめ)・上人(うへびと)なども、あいなく目をそばめつつ」


[訳] 上達部や殿上人なども、みな気に入らなくて目をそむけて。


つまらない。おもしろくない。


出典徒然草 七三


「世に語り伝ふること、まことはあいなきにや、多くはみな虚言(そらごと)なり」


[訳] 世間に語り伝えていることは、真実はつまらないのであろうか、多くはみんなつくりごとである。


不似合いだ。不調和だ。


出典枕草子 木の花は


「げに、葉の色よりはじめて、あいなく見ゆるを、唐土(もろこし)には限りなきものにて、文(ふみ)にも作る」


[訳] (梨(なし)の花は)ほんとうに、葉の色からして(風流なことには)不似合いに見えるが、中国ではこの上なくすばらしいものとして、漢詩にも作る。


〔連用形「あいなく」「あいなう」の形で〕わけもなく。


出典源氏物語 澪標


「おほかたの世の人もあいなくうれしきことに喜び聞こえける」


[訳] 世間一般の人もわけもなくうれしいこととしてお喜び申し上げた。


参考

中古から「あいなし」「あひなし」の両形の表記がある。









あいなしのページへのリンク
「あいなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あいなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あいなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS