古語:

しりぞくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しり-ぞ・く 【退く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


引き下がる。後ろへ下がる。


出典日本書紀 孝徳


「座(しきゐ)を避(さ)りてしりぞきて」


[訳] 座るための敷物をよけて引き下がって。


退出する。


出典古今著聞集 二五九


「舞ひてしりぞき入(い)りければ」


[訳] 舞ってすっかり退出したので。


引退する。身を引く。


出典徒然草 一三四


「拙(つたな)きを知らば、なんぞやがてしりぞかざる」


[訳] 巧みでないことを知ったなら、どうしてすぐに引退しないのか。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


引き下がらせる。


出典平家物語 五・福原院宣


「朝家の怨敵(をんでき)をしりぞけよ」


[訳] 朝廷の怨みのある敵を引き下がらせよ。


遠ざける。


出典徒然草 一八


「奢(おご)りをしりぞけて財(たから)を持たず」


[訳] ぜいたくを遠ざけて財産を持たない。









しりぞくのページへのリンク
「しりぞく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しりぞくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




しりぞくのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2023 Printed in Japan

©2023 GRAS Group, Inc.RSS