古語:

きよらなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > きよらなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きよ-ら・なり 【清らなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


気品があって美しい。輝くように美しい。


出典源氏物語 桐壺


「世になくきよらなる玉の男御子(をのこみこ)さへ生まれ給(たま)ひぬ」


[訳] 世にまたとなく気品があって美しい玉のような男の御子までもお生まれになった。


はなやかで美しい。華美だ。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「立てる人どもは、装束のきよらなること、物にも似ず」


[訳] 立っている(天)人たちは、装束がはなやかで美しいことがたとえようもない。


参考

「きよらなり」は「きよげなり」よりも上の、第一級の美しさをいう。⇒きよげなり


参考









きよらなりのページへのリンク
「きよらなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

きよらなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




きよらなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS