古語:

さての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-て 【然て】

[一]副詞

そのままで。そういう状態で。


出典徒然草 八二


「し残したるを、さてうち置きたるは、おもしろく、生き延ぶるわざなり」


[訳] やり残してあることを、そのままでおいておくのは、趣があって、寿命が延びていくやり方である。


[二]接続詞

そうして。それで。そこで。▽前の内容を受けて、さらに次の話題に話を展開させる。


出典徒然草 五二


「極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人に会ひて」


[訳] (末寺や末社の)極楽寺や高良神社などを拝んで、(石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は)これだけと思いこんで帰ってしまった。そうして、仲間の僧に会って。


ところで。さて。▽それまでの話とはかかわりのない別の話を新たに言い起こす。


出典土佐日記 二・一六


「さて、池めいてくぼまり、水漬(つ)ける所あり」


[訳] ところで、(この家の庭には)池のようにくぼみ、水につかっている所がある。


そうはいうものの。ところが。▽前の内容から逆接的に言いはじめる。


出典枕草子 うれしきもの


「うれしきもの。まだ見ぬ物語の一を見て、いみじうゆかしとのみ思ふが、残り見出(い)でたる。さて、心劣りするやうもありかし」


[訳] うれしいもの。まだ読んだことのない物語の第一巻を読んで、(その続きを)とても読みたいとばかり思っている、その残り(の巻)を見つけ出したとき。そうはいうものの、がっかりするようなこともあるよ。


参考

副詞「さ」に接続助詞「て」が付いて一語化したもの。









さてのページへのリンク
「さて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS