古語:

るいの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

るい 【類】

名詞

同類。仲間。


出典竹取物語 竜の頸の玉


「竜(たつ)は鳴る雷(かみ)のるいにこそあれ」


[訳] 竜は雷の同類であったのだ。


一家。一族。親類。


出典源氏物語 玉鬘


「姉おもとはるい多くて、え出(い)で立たず」


[訳] 姉君は一族が多くて、(都へ)とても出発できない。


縁故。知人。


出典更級日記 子忍びの森


「頼もしう迎へとりてむと思ふるい、親族(しぞく)もなし」


[訳] 頼みがいがあって(私を)迎えて引き取ろうと思う知人・縁者はいない。









るいのページへのリンク
「るい」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

るいのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




るいのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS