古語:

かたはらいたしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かたはらいたしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かたはら-いた・し 【傍ら痛し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


きまりが悪い。気恥ずかしい。▽自分の言動を、そばにいる人がどう思うかと強く意識される気持ち。


出典枕草子 中納言まゐり給ひて


「かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに、入れつべけれど」


[訳] こういうことは、きまりが悪いことの中に加えてしまうべきだけれども。


腹立たしい。苦々しい。みっともない。▽他人の言動を、自分がそばで見聞きして気に入らないと思っているときの気持ち。


出典枕草子 文ことばなめき人こそ


「おほかたさし向かひても、なめきは、などかく言ふらむとかたはらいたし」


[訳] 大体、向かい合って話す場合でも、言葉が無礼なのは、なぜこのようにしゃべるのかと、腹立たしい。


気の毒である。心苦しい。▽そばにいる人のことを思いやる気持ち。


出典源氏物語 桐壺


「このごろの御気色を見奉る上人(うへびと)女房などは、かたはらいたしと聞きけり」


[訳] このごろの帝(みかど)のごようすを拝見している殿上人・女房などは、(弘徽殿(こきでん)の女御(にようご)のなさる音楽を、帝にとって)気の毒だと聞いていた。









かたはらいたしのページへのリンク
「かたはらいたし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かたはらいたしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かたはらいたしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS