古語:

思はくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもは-く 【思はく】

[一]

思うこと。


出典万葉集 三一八九


「君をおもはく止(や)む時もなし」


[訳] あなたを思うことがやむ時はない。


思うことには。


出典万葉集 一七四〇


「そこにおもはく家ゆ出(い)でて三年(みとせ)の間(ほと)に垣もなく家失(う)せめやと」


[訳] そこで思うことには、家を出て三年の間に垣根も家もなくなることがあろうかと。◆派生語。


なりたち

動詞「おもふ」の未然形+接尾語「く」


[二]名詞

考え。予想。









思はくのページへのリンク
「思はく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思はくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




思はくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS